私の酒の肴 
料理が好きで、適当に作って、楽しんでいます。酒の肴ばかりです。

【アップ:2023.1.25】

△ ほうとうです。
主人公のカボチャに大根、人参、里芋、豚肉、油揚げ、ネギ、ホウレンソウ、シメジ、ナメコ、エリンギと、具沢山。
右は奈良漬けに、鮭トバ。
容器は陶器製の熱燗器。熱湯が入っていて、その中で日本酒130ml入の徳利を温めて、盃へ入れて一杯、また一杯、
またまた一杯で、うい~~~♪・・と破顔に・・。
*----------------------------------------------------*
【アップ:2023.1.16】

△ 左は、ラディッシュの甘酢漬けです。ちょっと飾ってみました。
紫キャベツのカイワレは、綺麗な色をしています。
久しぶりに、ポテトサラダを作りました。
カイワレと豆類は、ドレッシングで頂きました。
*--------------------------------------------------------*
【アップ:2023.1.8】
 
△ 久しぶりに牛すじのトマト煮込み。
牛すじを2時間ほど煮込んで、コンニャク、白ネギ、トマトを加えて、さらに20分煮込み。
味付けは、醤油、酒、ミリン、砂糖に、顆粒のアゴ出汁。
牛すじはとろとろで、酒などの甘みとトマトの酸味が合います。

右のポテトは、刻んだポテトを熱湯へ浸けること30分。
その後に、フライパンへ少量の油で焼き上げたもの。よく作ります。

△ 自家製タクアン、黒豆の甘煮、梅キュー・大根。梅干しも自家製。
タクアンは、輪切りにして天日干し。その後、好みの味付け(塩・酒・味醂・ダシ)で、冷蔵庫で2週間。
出来上がりです。
*-----------------------------------------------*
【アップ:2022.12.26】

△ オリオンビールの工場が名護市内にあり、実家から歩いて約15分。
高校時代には、小遣い欲しさにアルバイトをしたことがあります。
ということで、昔を懐かしんで、郷里のオリオンビールで一杯。

下段の肴は、イカゲソと干しイワシの天麩羅、津波風チヂミ(ニラ、干し海老入り)。
上段は、豚のガツ(胃)と大根と椎茸の煮込み、ホウレンソウお浸し、カボチャ煮。
ガツは2時間ほど煮込んであるので、とろけるような柔らかさ。
豚はロースやヒレ・バラ・モモが人気だが、これは食事用。
酒をちひちびと飲みながらの肴としては、豚の副産物、つまりレバやヒモ(腸)、ガツ、タン、
豚足などが、私にはよろしい。