山の花のトップへ

山の花 ⑨  奥多摩・御岳山、夏の花
御岳山の有名な花はレンゲショウマ。8月には大勢の人が訪れます。
また、夏でも気温が22~23度のロックガーデンでは、イワタバコやタマガワホトトギス、ギンバイソウの花が咲き、楽しみです。

△ 御岳山名物のレンゲショウマ。群生しています。

△ 一度見たら、忘れられない花・フシグロセンノウ。和名は節黒仙翁。ナデシコ科。花言葉は「転機、恋のときめき」。 
  右はモミジガサ。キク科。葉がモミジに似て笠状なので、その名前があります。春の若葉は山菜として人気があります。花言葉は「幸福な日々」。

△ タマアジサイ。ユキノシタ科。次から次へと咲くので花期が長い。花言葉は「あなたは冷たい」。
   右はイワタバコ。ロックガーデンを代表する夏の花。私の好きな花の1つ。詳しくは、山の花-① を参照。

△ タマガワホトトギス。和名・玉川杜鵑。ユリ科の多年草。ロックガーデンに多い花の1つ。花言葉は「秘めた意志」。 
   右はギンバイソウ。和名・銀梅草。ユキノシタ科。これもロックガーデンに多い。花言葉は「平和」。

△ オカトラノオ。サクラソウ科の多年草。和名・岡虎の尾。日当たりのよい山地や草原に普通に生えます。秋は葉が紅葉します。花言葉は「優しい風情」。
   右はヤマユリ。ユリ科の多年草。和名・山百合。花言葉は「威厳」。