山の花のトップ

山の花 ②

△ 高山植物を代表するミズバショウ(水芭蕉)。尾瀬ヶ原が有名だが、秋田や青森では、山間の低地でも見られます。2011.5。月山山麓で。
 花言葉は「美しい思い出、変わらぬ美しさ」。

  中央はイワウチワ(岩団扇)。清楚で可愛い花。葉の形が団扇に似ています。新潟の当間山で。2009.5。右は蝶の食事中。名前は知らない。
 花言葉は「春の使者、適応力」。 

△ ヤマツツジ(山躑躅)。観賞用として広く植栽。2012.6。栃木の八方ヶ原で。花言葉は「燃える愛(思い)」。
  右はムラサキヤシオ(紫八汐)。木々が萌える前に鮮やかな色で花が咲き、とても目立ちます。2008.5。那須岳・大丸で。花言葉は「優美、貴婦人」。

△ アカヤシオ(赤八汐)。栃木を代表する花で、八汐躑躅の中では開花が最も早い。私の好きな花の1つ。2008.5。表日光の丹勢山で。
 花言葉は「柔らかな視線」。
 右はシロヤシオ(白八汐)。ゴヨウツツジ(五葉躑躅)の名もあります。2007.6 栃木の八方ヶ原で。花言葉は「愛の喜び、明るい未来」。