季節の足音のTOPへ
季節の足音 ④

季節の足音  春の花いろいろ  №30 2021/3/2

△ ウグイスカグラ(鶯神楽)。スイカズラ科。広辞苑には「古名ウグイスガクレの転化という」とあります。埼玉県秩父市で。
 右はアセビ(馬酔木)。ツツジ科。アシビ、アセボ、アセミなどの別名あり。「磯のうへに生ふる馬酔木を手折らめど 見すべき君がありと言わなくに」『万葉集』。神奈川県愛川町で。

△ ジンチョウゲ(沈丁花)。ジンチョウゲ科。「沈丁花春の月夜となりにけり」高浜虚子。
 右はホトケノザ(仏座)。シソ科。「七草やけふ一色に仏の座」各務支考(かがみしこう)。いずれも愛川町で。
*----------------------------------------------------------------------*
季節の足音  春間近  №29 2021/2/17

△ 福寿草が咲いていました。埼玉県小川町で。 右の蕗の薹は、東村山市内で。
*----------------------------------------------------------------------*
季節の足音  最近(2/10)の富士山と丹沢・大山  №28 2021/2/12

△ 講座で神奈川県の伊勢原市郊外へ。カントリー・ウォーキング途中、雄大な景色を堪能。
*-------------------------------------------------------------------------*
季節の足音  久月の氷柱  №27 2021/2/1

△ 埼玉県小鹿野町、久月の氷柱。見頃でした。人工の氷柱です。

△ すぐ隣では、湧き水自然の氷結。岩盤の氷、針の氷が楽しめました。
*-----------------------------------------------------------------------------*
季節の足音  冬の花・冬枯れ・・ №26 2021/1/21

△ 東京都の西郊、青梅市内で咲いていたロウバイです。
 ロウバイ(蝋梅)は冬の花か、初春の花か・・。調べたら季語は冬。 「蝋梅や枝まばらなる時雨ぞら」 芥川龍之介。

△ 同じく青梅市内で。ブンタンか? 大きい実は重いので、袋で補充。

△ 多摩川です。青梅線の石神前駅近くで。ここのところ雨が降らないので、川水が少ない。遠くの山は武州御嶽山。
 右は青梅線の軍畑駅近くの民家。土地が急傾斜なので、高さ約10mの石垣に守られています。 
 周りは冬枯れ景色。杉だけが、「もうすぐ花粉を飛ばすからな・・」と言わんばかりに、赤みを帯びた茶色に・・。 
---------------------------------------------------------------------------
季節の足音  凍てつく日々 №25 2021/1/12

△ 埼玉県東松山市の八反沼で。ここのところの寒さで。水面が凍っていました。シベリアから南下してきたカモ類が遊んでいました。
 カモは、水面に浮かび、潜り、泳げて、陸地や氷上を歩くことができて、また飛翔もできて、羨ましいかな、万能選手です。

△ 広い八反沼は、岸辺から凍り始め、中央部が最後に凍結するようです。 農家の前の畑では、焚き火の煙が昇っていました。のどか・・。

△ 八反沼の近くでは、乗馬のトレッキングを楽しんでいるグループと出会いました。気温が2~3度のなか、元気ですね。
--------------------------------------------------------------------------
季節の足音  早くも梅がボケの花が・・   №24 2021/1/6

△ 東久留米七福神巡りで米津寺 (べいしんじ) を訪ねたら、境内で白梅が咲いていました。早い、早い・・。
  また近くの落合川沿いでは、ボケの花も。寒咲きのボケ・・かな。

△ 「お腹がすいた、食事をしないと・・」と、コサギもカワセミも、じっと獲物を待っていました。清流・落合川で。