日本百名山のトップへ

利尻山(利尻岳、利尻富士) 1719m (北峰)、1721m (南峰)    アップ:2020.6.1

「左右に伸び伸びと稜線を引いた美しい山であった。利尻島はそのまま利尻岳であった。」 *深田久弥の『日本百名山』からの引用。

△ 日本百名山、1番目の山。鴛泊コース八合目 (長官山) から見上げた利尻富士。端整な山容に見惚れていました。22年ぶりの再会。2011年8月。
  私の主宰する 「山歩会」 の仲間たちと登りました。北海道在住で、道内の山に詳しい畏友の日下哉氏が、私たちをリードしてくれました。
 
△ 八合目から鴛泊方面を眺望(2011年8月)。  右は礼文島から遠望した利尻島 (山)。1989年8月。
 
△ 山仲間と (2011年8月)。 中央は利尻の山頂。 右端はローソク岩で、ともに1989年8月。
-------------------------------------
利尻山の花  花の山でも知られていて、「リシリ」 と名前の付く花も多いです。

△ 左から、リシリオウギ、エゾツツジ、シュムシュノコギリソウ。

△ 左から、リシリリンドウ、イワギキョウ、タカネナデシコ。

△ 山頂付近はハイオトギリの花畑。 八合目を過ぎると、リシリブシ (利尻鳥兜) の群落地が現れます。
----------------------------------------

■ 下山後に、利尻富士の歌を作りました。シンガーソングライターの橋本良春さんが、楽曲してくださいました。

♪ 利尻富士・仲間たち2011  作詞:津波克明 作曲・歌:橋本良春 編曲:石川龍太郎 


最果ての島 カモメ群れ飛び 憧れの峰に向かう・・・夏
喉 (のど) を潤す甘露泉 (かんろせん) ハイマツの尾根 続く
あーあー 利尻富士 仲間たち


香る花々 遙かなる道 足取り弾 (はず) み登る・・・夏
海を見下ろし眺 (なが) む かすむ島影 礼文
あーあー 利尻富士 仲間たち


憩う頂き 想う道程 (みちのり) 溢れる喜び包む・・・夏
雲の海は流れ ローソク岩 霧に
あーあー 利尻富士 仲間たち  


風も爽やか 下る尾根道 流れる汗に笑顔・・・夏
湯の香 湯煙 宴 (うたげ) 夜空に光る 星の数
あーあー 利尻富士 仲間たち


港をあとに ペシの岬 名残惜しむ島よ・・・夏 
海に浮かぶシルエット 気高き峰に サヨナラー
あーあー 利尻富士 仲間たち
あーあー 利尻富士 山歩会