300名山のトップへ

大山 1252m。 南関東の名山・大山は信仰の山として有名。均整のとれた山容は、丹沢山塊の東端を仕切って、首都圏からよく目立ちます。

△ 1月、渋沢丘陵の震生湖へ向かう途中から眺めた秦野市街と、新雪を少し抱いた表丹沢の山並み。大山がピラミダルな姿を見せて、風格があります。

△ 桜咲く4月初めの大山。伊勢原市郊外で。

△ 11月初旬、大山山頂近くから新雪を抱いた富士山。雪は右側 (山梨側) に多い。
 すぐ近くの山は表丹沢の三ノ塔1205m。大晦日にテントと酒を担いで、三ノ塔の頂で、秦野市街の夜景を俯瞰しつつ、一人酒宴を楽しんだことがあります。

△ 晩秋の夕暮れ。相模川の川岸から、大山の山頂北側に沈む夕日。

△ 大山山頂にある阿夫利神社。 右は中腹にある阿夫利神社下社。いつも参詣者が多い。
 *以下、阿夫利神社のHPから引用。
 阿夫利神社の祭神は大山祗大神(おおやまつみのおおかみ)。山の神・水の神として、また大山が航行する船の目印となった事から産業・海運の神としても信仰されています。
 別名、酒解神とも呼ばれ、酒造の祖神として信仰もされております。富士山の御祭神、木花咲耶姫の父君であると共に絆を取り持つ神と伝えられております。

△ 厚木市内からの大山。 右は相模川の中流、相模原市内からの撮影。

△ 大山登山中の花。左はタチツボスミレか? 右はコキンバイ?
------------------------------
*大山
 以前、秦野市内の大山の麓に9年間住んでいたことがあり、大山は数えきれないほど登っています。
 頂上からの見晴らしがよくて、関東平野や丹沢の山並み、富士山、そして相模湾や伊豆大島、天城山なども遠望でき、山・平野・海・島という雄大さが楽しめる山です。
 大山は画のように、麓から眺めるのもよろしい。古人から崇拝されてきた大山は、「大山詣で」 が行われ、その歩かれた道が 「大山道」 として、各地に残されています。