300名山のトップへ

袈裟丸山 1878m。栃木と群馬の県境、足尾山塊の南端で幾つも峰を連ねる静寂峰。

△ 小丸山手前から望んだ秋の袈裟丸連峰。左から前袈裟丸(1878m)、後袈裟丸(1910m)、中袈裟丸(1900m)。

△ 前袈裟丸の手前から見上げた後袈裟丸。

△ 前袈裟丸山の頂上。1等三角点が埋設されています。塔の沢口コースで登り4時間、下り3時間。往復約14kmあります。
 袈裟丸山は、北から奥袈裟丸、中袈裟丸、後袈裟丸、前袈裟丸の峰が連なり、一般に1等三角点のある前袈裟丸を袈裟丸山と呼んでいます。

△ 賽の河原。宗教に因んだ山ならではの地名。

△ 袈裟丸山の山並み。左から前袈裟丸、後袈裟丸、中袈裟丸、奥袈裟丸、

△ これは鉄製の避難小屋。3名ぐらい宿泊可能。

△ 秋の山路。随所で紅葉狩りが楽しめます。

△ 詳しい説明板。国の天然記念物のコウシンソウがあるとのこと。
-------------------------------------------------------------------------
*袈裟丸山登山
 袈裟丸山には1990年代に2度登っています。いずれも塔の沢口コースから前袈裟丸山の往復。
 前袈裟丸山の頂上には、「奥袈裟丸山へは危険だから通行禁止」の看板があったが、今はどうだろう?
-------------------------------------------------------------------------

 登山途中にある「涅槃像・寝釈迦」です。

 手元に写真がなかったので、自分が執筆した『関東の山歩き100選』(昭文社刊、1998年)から転載。